新バージョンR20が発表になりました

Cineversityで資料を調べていたら、R20の新機能についてのビデオがありました。greyscalegorillaさんの記事

Breaking News: Cinema 4D R20 Arrives with Major Updates

によれば、sigraph2018で発表されるようです。

我々の手元に届くのは、9月頃になるのではないか、と思われます。Cineversityのビデオは2分25秒と短かったですが、R19の時よりも、多くの新機能が追加されている印象を持ちました。

新機能1:MoGraphのフィールドコントロール

シェイプやシェーダー、音やオブジェクト、数式などを使って、MoGraphの影響範囲を減衰でコントロールするまったく新しい方法のようです。今までの減衰とは確かに別物の印象を持ちました。

新機能2:ノードベースのマテリアル

MayaやLightWave3Dなど、他の3Dソフトではおなじみの機能ではありますが、これが使えるようになるのは、やっぱりうれしいです。

新機能3:ボリュームモデリング

メタボールとブーリアンを足して2で割ったような機能のようです。有機的な形状を作るのに、一役買ってくれるかもしれません。OpenVDBというライブラリを活用しているようです。

機能強化1:CADインポート

CADデータの読み込みが強化されたようです。この辺はまったく詳しくないのですが、ドラッグアンドドロップで、CADデータをシーンファイルに読み込めるようです。

機能強化2:プロレンダー

GPUレンダリングが強化されたようです。サブサーフェススキャッタリング(SSS)
、モーションブラー、そして、マルチパスです。どのくらい実用的に使えるようになったのか、楽しみでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA